top of page

介護用ベッドを借りる方法

在宅医療をするには介護保険に精通しておかなければなりません。在宅医療の患者さんは基本的に外来に通うことが難しい患者さんです。なので、当然ベッドでの生活が多くなります。ここで、当然のようにベッドと書きましたが、畳の上に布団を敷いて寝起きするよりベッドの方が断然楽です。ここで「要支援や要介護1」では介護保険にてで介護用ベッドを借りることができません。何故なら介護用ベッドを介護保険を使って借りるには要介護2以上であることが必要な為です。要支援や要介護1の方であっても、起き上がりが困難であったり、褥瘡ができたりした場合に、介護用ベッドを借りたいことがあります。かといって、全額自己負担で借りるには金銭的な負担が大きくなってしまいます。

但し、要支援や要介護1でもベッドを借りる方法があり、2つの方法を紹介します。

①「軽度者に対する福祉用具の例外給付」を利用する。

医師は介護用ベッドが必要な旨を書類に記載し、ケアマネージャーが申請依頼書に記載し、役所に提出して認められれば大丈夫です。

②区分変更を行う。

介護度が実状にあっていなければ、区分変更し要介護2以上になれば借りられます。

どちらの方法をとるのかは担当のケアマネージャーさんと相談すれば大丈夫です。


#逗子、葉山、横須賀市、鎌倉市、横浜市の在宅医療

最新記事

すべて表示

認知症予防と運動の重要性に関する新しい知見

前回運動による認知症予防効果について触れたのですが、逆の研究結果がBMJ. 2017 Jun 22;357に掲載されています。 内容は認知症を発症した患者とそれ以外の参加者の間で、追跡期間中の1週間あたりの総運動時間、低強度の運動をした時間、中~高強度の運動をした時間を比較すると、診断の9年前から認知症患者の運動時間は減少し始め、認知症と診断されなかった人々との差は、それ以降有意になった。診断の9

Comments


bottom of page