top of page

下腿浮腫に関係する薬3つ

むくみは内科的な原因(心不全、腎不全、低栄養など)であることが多いですが、整形外科で処方される薬が原因のこともあります。

処方される薬で、下腿浮腫に関係する薬をまとめてみます。

リリカ めまい、傾眠などの副作用が有名ですが、浮腫の副作用もあります。リリカによる浮腫発生率は約11~19%、心不全の原因にもなりうると言われています。

NSAIDs 一般的に処方される痛み止めです。Na貯留作用で浮腫がおこります。漫然と処方すべきではないと考えます。

芍薬甘草湯 こむら返りによく処方されます。芍薬甘草湯には名前の通り甘草が入っていますが、甘草により偽性アルドステロン症となり、浮腫がおこる可能性があります。芍薬甘草湯は甘草の量が多いので、就寝前1包にするか、頓服にすべきです。添付文書どおりに3包/日で処方するのは危険です。

またアムロジンなどのカルシウム拮抗薬も下腿浮腫を起こすので注意が必要です。

#在宅医療

#高齢者の下腿浮腫

#下腿浮腫の原因薬剤

#リリカ、芍薬甘草湯、NSAIDs

#逗子、葉山、横須賀、鎌倉在宅医療

在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku.com)さくら在宅クリニックは逗子、葉山、横須賀、鎌倉の皆さんの健康と安心に寄与して参ります

逗子、葉山、横須賀、鎌倉を撮影される山内様の写真です

bottom of page