top of page

ポリファーマシーの功罪~年をとると色々痛くなるので痛み止めが必要な時

年をとると色々な箇所が痛くなります。腰痛などは、大なり小なりあると考えます。こうした際に痛み止めをどうするか。NSAIDsと呼ばれる痛み止めには胃潰瘍などを生じさせるリスクあり胃薬が必要です。痛み止めのロキソニンは切れ味は良いですが、その分副作用が強くでる印象があり、高齢者には怖くて処方しづらい薬です。 セレコックスはCOX-2選択的阻害薬なので、胃に優しく使いやすいです。モービックは、1日1回の処方で済ませたいときに、たまに処方することがあります。しかし、基本的な方針としては心不全、腎不全がある方にはNSAIDsは極力処方しないようにしています。処方するにしても漫然と処方することは避け、できるだけ短期間の使用に留めるようにしています。NSAIDsを使いづらい方が痛みを訴える場合にはカロナール(アセトアミノフェン)を処方します。カロナールは副作用が少ないので使いやすいです。 カロナールは痛みをとる場合には、1回あたり600~1000mg使わないといけないと言われています。しかし、高齢者では1回あたり300mgでも良い人もいます。現在、500mgの錠剤が出ているので、当院でも処方することも多いですが、大きいため高齢者では飲めない方も多いです↓ その場合はカロナール細粒50%1gを処方しています。カロナールの処方の注意点としては抗炎症作用はほとんどないので、炎症が起こっている病態(痛風、偽痛風、関節リウマチなど)には使いづらいことです。



#ポリファーマシー #NSAIDs #セレコックス #カロナール #高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015

#逗子、葉山、横須賀市、鎌倉市、横浜市の在宅医療

最新記事

すべて表示

認知症予防と運動の重要性に関する新しい知見

前回運動による認知症予防効果について触れたのですが、逆の研究結果がBMJ. 2017 Jun 22;357に掲載されています。 内容は認知症を発症した患者とそれ以外の参加者の間で、追跡期間中の1週間あたりの総運動時間、低強度の運動をした時間、中~高強度の運動をした時間を比較すると、診断の9年前から認知症患者の運動時間は減少し始め、認知症と診断されなかった人々との差は、それ以降有意になった。診断の9

運動と認知機能の関係について

アルツハイマー型認知症治療薬「アデュヘルム」のニュースが駆け巡りましたが、治療効果、治療適応、費用などまだまだ夢の薬でないというのが実感です。自身、年齢と認知機能のギャップのある方には、個人的によく3つの質問を20年近くしています。それは職業、食の指向、そして運動習慣です。福井や静岡など都会型の生活でない環境の患者さんを多く見てきた印象ですが、やはりよく身体を動かし、健やかな食生活してバランスよく

댓글


bottom of page