ベルソムラ錠からデエビゴ錠への変更について

昨今、ベンゾジアゼピン系睡眠薬の問題(依存、認知機能低下、転倒リスク増など)が言われるようになってきており、それに代わる睡眠薬として、より副作用が少ないタイプの睡眠薬を処方しています。

そのなかの一つに、オレキシン受容体拮抗薬があります。覚醒に関与するオレキシン受容体に拮抗することで覚醒させなくする=眠くさせるという作用をもちます。

オレキシン受容体拮抗薬にはベルソムラとデエビゴがあり、どちらもオレキシン1受容体とオレキシン2受容体を阻害します。

デエビゴはベルソムラに比べてよりオレキシン2受容体を阻害します。オレキシン2受容体がより覚醒に関与するとされており、デエビゴはベルソムラより睡眠に対する作用が強いと考えられています。

また、ベルソムラと違って一方化できる点も利点です。

2021年5月1日にデエビゴの処方制限が解除され、長期投与が可能となったことを契機に、ベルソムラ15mgからデエビゴ5mgへの変更を進めています。

変更後による睡眠の状態を確認してみると、入眠が早くなった、深く眠れるようになったという患者さんもいました。逆に眠れなくなった患者さんはいませんでした。

写真は逗子在住山内明徳様撮影