top of page

ヒートショックと入浴中の死亡率の比較

高齢者においては入浴中に亡くなることは非常に多いことは、最近知られるようになりました。ちなみに熱中症の死亡者数は、最大でも2000人以下とされています。一方冬のヒートショックで死ぬ人は年間2万人と概算されています。 日本では夏に暑くて亡くなる人=年間2000人弱 、冬に家が寒くて亡くなる人=年間2万人弱 なのです(ヒートショックの恐るべき実態|一般社団法人 日本ガス石油機器工業会(JGKA))。因みにヒートショックが少ないのは沖縄と北海道だそうです。沖縄は冬も暖かいから分かりますが、北海道は家全体が暖房されている影響と考えます。


bottom of page