top of page

パーキンソン病を科学する

パーキンソン病の診断として心筋MIBGシンチグラフィーが有用です。

その診断特性は簡単に説明すると下記のようにまとめられます。

・パーキンソン病やレビー小体型認知症ではαsynucleinが交感神経終末から蓄積する

・αsynucleinが蓄積した交感神経終末は脱落し、除神経状態となる

・αsynucleinが細胞体に ・蓄積すると、レビー小体となる パーキンソン病とレビー小体型認知症で異常となりやすい在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku.com)さくら在宅クリニックは逗子、葉山、横須賀、鎌倉の皆さんの健康と安心に寄与して参ります


最新記事

すべて表示

認知症とパーキンソン病の関係性

認知症患者さんには、一定程度パーキンソン病に類似した症状見ることが多々ありました。とりわけ、これは外勤(医師は常勤先以外にも外勤として他院でパートタイムで働くことがあります)。この外勤先は、整形外科がメインの地域で信頼されている病院ですが、脳外科の外来には「ちょっと認知症を診て欲しい」という患者さんが多く来院されてました。そして、この認知症患者さんには前に書いたパーキンソン類縁疾患が非常に多いこと

コメント


bottom of page