top of page

パーキンソン病を科学する


パーキンソン病治療の原則はL-DOPA及びドパミンアゴニストが治療薬の二本柱と考えて問題ありません。 (L-DOPAの方が太い柱)であとはオプションと考えます。

但し、病状の後期(ハネムーン期以降)では、オプションの選択及び投与方法等の検討が重要です。

また、在宅医療では後期以降の患者さんが多く、医師の技術、知識、経験により患者さんの病状が変わりますので、より良い治療を目指してまいります。

在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku.com)さくら在宅クリニックは逗子、葉山、横須賀、鎌倉の皆さんの健康と安心に寄与して参ります

最新記事

すべて表示

認知症とパーキンソン病の関係性

認知症患者さんには、一定程度パーキンソン病に類似した症状見ることが多々ありました。とりわけ、これは外勤(医師は常勤先以外にも外勤として他院でパートタイムで働くことがあります)。この外勤先は、整形外科がメインの地域で信頼されている病院ですが、脳外科の外来には「ちょっと認知症を診て欲しい」という患者さんが多く来院されてました。そして、この認知症患者さんには前に書いたパーキンソン類縁疾患が非常に多いこと

Comments


bottom of page