top of page

パーキンソン病を科学する


パーキンソン病の発症は環境要因と遺伝的要因の足し算であり

環境要因の寄与度、遺伝的要因頻度・寄与度は多様です

発症、進行度に関しては明確なことは分からず、不安も多いのですが

Uncertainty is hope 不確かさは希望

と考え前向きに捉えられたらと考えております

最新記事

すべて表示

「遺伝性疾患プラスを応援してくださっている医療者・研究者の方々」というサイトの中で当クリニックをご紹介頂きました。 https://genetics.qlife.jp/supporters/ 遺伝性疾患は、難しい病気、治らない病気とイメージされる場合も少なくありません。 また不確実な未来への不安を口にされる患者さんがいるのも現実です。 しかし、不確実性は様々な可能性を内包しているとも言い換えられま

bottom of page