top of page

パーキンソン病を科学する

パーキンソン病治療は、上記のように誰でも治療可能➤工夫が求められる➤どうやっても難しいという時期に分類できます。

そして在宅医療に移行するのは、通院困難となる工夫が求められる時期から、どうやっても難しい時期に治療を委ねられます。

つまり、在宅医療医はパーキンソン病治療に関してより深い知識と経験が要求されると私は考えます。

そして、外来通院時より病状改善した場合、とても感謝されることも、在宅医の醍醐味と私は考えます。在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku.com)


最新記事

すべて表示

認知症とパーキンソン病の関係性

認知症患者さんには、一定程度パーキンソン病に類似した症状見ることが多々ありました。とりわけ、これは外勤(医師は常勤先以外にも外勤として他院でパートタイムで働くことがあります)。この外勤先は、整形外科がメインの地域で信頼されている病院ですが、脳外科の外来には「ちょっと認知症を診て欲しい」という患者さんが多く来院されてました。そして、この認知症患者さんには前に書いたパーキンソン類縁疾患が非常に多いこと

Comments


bottom of page