パーキンソン病を科学する


パーキンソン病の診断として心筋MIBGシンチグラフィーが有用です。

その診断特性は簡単に説明すると下記のようにまとめられます。

・パーキンソン病やレビー小体型認知症ではαsynucleinが交感神経終末から蓄積する

・αsynucleinが蓄積した交感神経終末は脱落し、除神経状態となる

・αsynucleinが細胞体に ・蓄積すると、レビー小体となる パーキンソン病とレビー小体型認知症で異常となりやすい