top of page

パーキンソン病を科学する


パーキンソン病の診断として心筋MIBGシンチグラフィーが有用です。

その診断特性は簡単に説明すると下記のようにまとめられます。

・パーキンソン病やレビー小体型認知症ではαsynucleinが交感神経終末から蓄積する

・αsynucleinが蓄積した交感神経終末は脱落し、除神経状態となる

・αsynucleinが細胞体に ・蓄積すると、レビー小体となる パーキンソン病とレビー小体型認知症で異常となりやすい

最新記事

すべて表示

「遺伝性疾患プラスを応援してくださっている医療者・研究者の方々」というサイトの中で当クリニックをご紹介頂きました。 https://genetics.qlife.jp/supporters/ 遺伝性疾患は、難しい病気、治らない病気とイメージされる場合も少なくありません。 また不確実な未来への不安を口にされる患者さんがいるのも現実です。 しかし、不確実性は様々な可能性を内包しているとも言い換えられま

bottom of page