パーキンソン病を科学する


パーキンソン病の身体所見の身体所見として次に有名なものは

筋硬直が挙げられます

・鉛管様、もしくは歯車様と表現される

・手関節の筋硬直は治療薬の効果判定に適している

・対側四肢の運動などで、誘発できることがある

・パーキンソン病では他のパーキンソン症候群と異なり、左右差が目立つことが多い

 ただし、皮質基底核変性症は筋硬直の左右差が顕著である

・進行性核上性麻痺では、体幹・頸部の筋硬直が目立つ