top of page

パーキンソン病を科学する


パーキンソン病の身体所見として最も有名な振戦について

その特徴は下記のようにまとめることができます

・母指の振戦は、丸薬まるめ運動と表現される

・静止振戦は、姿勢時振戦、両者の混在など様々なパターンがある

・静止振戦は、パーキンソン病に比較的特徴的である

・姿勢保持から振戦が出現するまで10秒程度の潜時がある ・re-emergent tremorはパーキンソン病に特徴的である

・顎が震える場合は、縦に震える“yes-yes type”が多い

・通常左右差がある

・パーキンソン・プラス症候群では振戦が目立ちにくい

最新記事

すべて表示

「遺伝性疾患プラスを応援してくださっている医療者・研究者の方々」というサイトの中で当クリニックをご紹介頂きました。 https://genetics.qlife.jp/supporters/ 遺伝性疾患は、難しい病気、治らない病気とイメージされる場合も少なくありません。 また不確実な未来への不安を口にされる患者さんがいるのも現実です。 しかし、不確実性は様々な可能性を内包しているとも言い換えられま

bottom of page