パーキンソン病を科学する


パーキンソン病の問診で特に注意する点として、非運動症状にも注意が必要です。

具体的には

・幻視の有無

・REM睡眠行動異常(睡眠障害)

・むずむず脚症候群(睡眠障害)

・自立神経障害(便秘、起立性低血圧)

・うつの合併(精神症状)

・抗精神病薬やスルピリド(ドグマチール)などの内服歴