パーキンソン病を科学する


パーキンソン病の問診においては、患者さんの主訴として運動症状を主訴とすることが多いことが重要です。