パーキンソン病を科学する


パーキンソン症状を呈する疾患の診断アルゴリズムは上図のように

身体学的所見、病歴、身体診察、補助検査にておこなわれます。