top of page

パーキンソン病を科学する



パーキンソン病治療の原則は下記の通りである


神経保護効果が証明された薬剤はなく、基本は対症療法である

ADLに影響の大きい無動は治療の指標となる

薬の効果を他覚的に評価するには、筋硬直が参考になる

治療の目標は、ADLの改善であり、症状をゼロにすることではない

ドパミン補充療法により、非運動症状の一部も改善することがある

(パーキンソン・プラス症候群は基本的に抗パーキンソン病薬以外での対症療法)

最新記事

すべて表示

「遺伝性疾患プラスを応援してくださっている医療者・研究者の方々」というサイトの中で当クリニックをご紹介頂きました。 https://genetics.qlife.jp/supporters/ 遺伝性疾患は、難しい病気、治らない病気とイメージされる場合も少なくありません。 また不確実な未来への不安を口にされる患者さんがいるのも現実です。 しかし、不確実性は様々な可能性を内包しているとも言い換えられま

bottom of page