top of page

パーキンソン病を科学する


パーキンソン病治療の原則はL-DOPA及びドパミンアゴニストが治療薬の二本柱と考えて問題ありません。 (L-DOPAの方が太い柱)であとはオプションと考えます。

但し、病状の後期(ハネムーン期以降)では、オプションの選択及び投与方法等の検討が重要です。

また、在宅医療では後期以降の患者さんが多く、医師の技術、知識、経験により患者さんの病状が変わりますので、より良い治療を目指してまいります。

最新記事

すべて表示

「遺伝性疾患プラスを応援してくださっている医療者・研究者の方々」というサイトの中で当クリニックをご紹介頂きました。 https://genetics.qlife.jp/supporters/ 遺伝性疾患は、難しい病気、治らない病気とイメージされる場合も少なくありません。 また不確実な未来への不安を口にされる患者さんがいるのも現実です。 しかし、不確実性は様々な可能性を内包しているとも言い換えられま

bottom of page