パーキンソン病を科学する


パーキンソン病治療の原則はL-DOPA及びドパミンアゴニストが治療薬の二本柱と考えて問題ありません。 (L-DOPAの方が太い柱)であとはオプションと考えます。

但し、病状の後期(ハネムーン期以降)では、オプションの選択及び投与方法等の検討が重要です。

また、在宅医療では後期以降の患者さんが多く、医師の技術、知識、経験により患者さんの病状が変わりますので、より良い治療を目指してまいります。