パーキンソン病を科学する


中枢神経における神経細胞において

ドパミン神経細胞の減少によりセロトニン神経細胞からドパミン放出されるようになります。これによりドパミンの減少が代償されるかに思えますが、

セロトニン神経細胞はドパミンの貯蔵できないという性質を持ちます。

これにより過剰放出し枯渇という過剰代償となり、ウェアリングオフに拍車をかけることになります。