パーキンソン病を科学する


パーキンソン病治療薬であるドパのやっかいな性質として空腸でのみという、吸収されるまでの経路が非常に長いことが挙げられます。次回以降のべますが、到達率低く、半減期が短いという特徴があります。

これらは、ドパが脳内へ到達しにくいことを示すものでありドパのやっかいな性質を示すものです。因みに、ヘリコバクターピロリに感染しているとドパが体内に到達しにくいと言われています。