top of page

パーキンソン病を科学する


パーキンソン病は脳内でのドパミン不足にて生じる病態です。但し、ドパミンを直接投与しても脳内には届かず前駆物質であるドパ処方にて脳内のドパミンを補充する治療がパーキンソン病の主たる治療です。そして、ドパはパーキンソン病治療において50年間不動のチャンピオンであり、他治療を追随させない治療となっております。

最新記事

すべて表示

認知症とパーキンソン病の関係性

認知症患者さんには、一定程度パーキンソン病に類似した症状見ることが多々ありました。とりわけ、これは外勤(医師は常勤先以外にも外勤として他院でパートタイムで働くことがあります)。この外勤先は、整形外科がメインの地域で信頼されている病院ですが、脳外科の外来には「ちょっと認知症を診て欲しい」という患者さんが多く来院されてました。そして、この認知症患者さんには前に書いたパーキンソン類縁疾患が非常に多いこと

Comments


bottom of page