パーキンソン病を科学する


パーキンソン病は脳内でのドパミン不足にて生じる病態です。但し、ドパミンを直接投与しても脳内には届かず前駆物質であるドパ処方にて脳内のドパミンを補充する治療がパーキンソン病の主たる治療です。そして、ドパはパーキンソン病治療において50年間不動のチャンピオンであり、他治療を追随させない治療となっております。