top of page

パーキンソン病を科学する22

パーキンソン病における症状変動=ウェアリングオフは上図が示すように

ドパミンの減少により 放出と取り込みの回転が過剰

➤ドパミンの血中濃度が波打つ

 ➤ドパミンを溜め込む作用は消失

この様な機序にておこります。

You Tubeにて在宅診療の知識を学んでみませんか?☟より https://www.youtube.com/channel/UCMkHB9UwsqYXdxEAij9yD4Q #パーキンソン病 #on off現象

 

在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku.com)

Comments


bottom of page