パーキンソン病を科学するパーキンソン


パーキンソン病の身体所見として動作緩慢・無動・寡動が挙げられます。

それらの特徴として

・椅子に座るまでの観察で、動作が緩慢であることが分かる

・動作緩慢のみならず、思考も緩慢になる

・仮面様顔貌も筋硬直の部分表示とされる (現在では無動の要素が強いとする説も有力)

・小字症、小声もみられる (内因性に尺度を作るのが下手になるためと言われている)