アムロジンについての深いい話

降圧薬として非常に汎用されている、カルシウム拮抗薬であるアムロジピン(商品名:アムロジン、ノルバスク)は降圧薬としてよく処方されますが、意外な副作用があるので注意が必要です。このことを知らないと、薬の副作用を薬で抑えようとする、いわゆる「処方カスケード」につながってしまいます。

①GERD(胃食道逆流症) もともとGERDがある人はカルシウム拮抗薬で増悪する(45.4%)。アムロジピンで多く(61.3%)、ジルチアゼム(商品名:ヘルベッサー)で少ない(12.5%)※ 機序は、血管平滑筋を緩めるカルシウム拮抗薬が、下部食道括約筋まで緩めてしまうことによります。 カルシウム拮抗薬によるGERDにPPIを使うことは処方カスケードになります。

②浮腫  カルシウム拮抗薬のなかでも、特にアムロジピンに多い。長期投与でリスクは上昇する。 対応策としては、浮腫が起こりにくいとされるシルニジピン(商品名:アテレック)に変更するか、別の種類の降圧薬に変更するなどが考えられます。 カルシウム拮抗薬による浮腫にループ利尿薬を使うことは処方カスケードになります。

③頻尿 カルシウム拮抗薬の副作用として頻尿、特に夜間頻尿が言われている。

GERDや浮腫、頻尿をみた場合は、アムロジンの副作用も疑ってみる必要があります。

写真は逗子在住山内明徳様撮影