top of page

めまいがハイドロリリースで改善?

私、某SNSでハイドロリリース研究会なるものを主催しておりメンバーは、もうすぐ1000人近くとなります。ただ、海外の文献などの共有をかなりしているので、非公開研究会としております。最近下記のようなハイドロリリースの応用がYou tube上にありました。

【JNOS第19回ウェビナー 2020/12/26】第1回 メタファシリテ-ション・事実質問~問診と医療面接への活用「主訴の分析・精密な診断」 - YouTube「後頚部圧痛、複視、めまいを呈し後頚部のハイドロリリースにて改善する症候群」が報告されました。

症例では、頭半棘筋、大後頭直筋のハイドロリリースをしています。

後頭下筋群と外眼筋は共同的に働いており、後頭下筋群にコリが生じると、SEM(衝動性眼球運動)が生じ、めまいや複視が生じるのではないかと考察しています。

この部位はK点や頭痛・眼精疲労のツボである風池(ふうち)と解剖学的に近く、興味深いです。

めまいの患者さんを診た場合、後頸部の圧痛を確認し、圧痛があれば、同部位のハイドロリリースをしてみても良いかもしれません。

#在宅医療

#めまい

#ハイドロリリース

#頭痛・眼精疲労

逗子、葉山、横須賀、鎌倉を撮影される山内様の写真です

#逗子、葉山、横須賀、鎌倉在宅医療

在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku.com)さくら在宅クリニックは逗子、葉山、横須賀、鎌倉の皆さんの健康と安心に寄与して参ります。

最新記事

すべて表示

骨粗鬆症治療薬と高カルシウム血症の対策

エルデカルシトールに関して「エルデカルシトールによる高カルシウム血症と血液検査の遵守について」という文章が配布されました。 このような文章が配布される背景には、エルデカルシトールによる高カルシウム血症の症例が相当数あり、大きな問題になっているのではないかと推察されます。 骨粗鬆症治療薬であるエルデカルシトールは、同じ活性型ビタミンD₃製剤である、アルファカルシドール、カルシトリオールに比べて、骨密

Commentaires


bottom of page