top of page

さくら在宅クリニック流 在庫管理術

在宅診療において一つの問題が在庫管理及び発注作業と考えます。

誰かが補充必要性を気づいて発注という流れに不安を感じておりました。

在庫管理及び発注において必要なこと

・誰でも簡単発注

・皆で物品の増減を共有

・工程の簡単平準化

これをExcelとアマゾンで購入した1000円台のバーコードリーダーで可能にて共有させて頂きます。 以前、下記の在庫管理方法を共有させて頂きました

問い合わせ多数頂きましたが、日常業務が多忙にて対応困難より使用方法の詳細をYou Tubeに公開させて頂きました。 もし希望あれば作成したプログラムを無償提供いたします。 詳細説明はYou tubeにて確認のみで、使用方法の問い合わせは対応できないことを御了承頂けましたらクリニック宛てにUSB送付頂きましたら返送いたします。 少しでも業務効率化して患者さんとの時間が増える一助となれば幸いです。 全ては患者様第一の理念に共有頂け方の業務に少しでもお役たてることを祈っております。

在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku.com)さくら在宅クリニックは逗子、葉山、横須賀、鎌倉の皆さんの健康と安心に寄与して参ります

最新記事

すべて表示

認知症予防と運動の重要性に関する新しい知見

前回運動による認知症予防効果について触れたのですが、逆の研究結果がBMJ. 2017 Jun 22;357に掲載されています。 内容は認知症を発症した患者とそれ以外の参加者の間で、追跡期間中の1週間あたりの総運動時間、低強度の運動をした時間、中~高強度の運動をした時間を比較すると、診断の9年前から認知症患者の運動時間は減少し始め、認知症と診断されなかった人々との差は、それ以降有意になった。診断の9

Comments


bottom of page