top of page

がん緩和ケア+在宅医療医に必要ながん治療に関する知識を科学する 97


脳腫瘍について詳述します

患者数は、圧倒的に転移性>>原発性です。

転移性とは脳に転移してきた腫瘍であり、原発腫瘍としては肺、乳>消化器>原発不明の頻度となります。

※予後は原発腫瘍の状態で決まる

原発性とは脳から発生した腫瘍であり、

膠芽腫などの悪性神経膠腫>>星細胞腫、稀突起膠細胞腫、リンパ腫の頻度となります。

*原発巣と脳転移巣ともに根治的治療ができること長期予後が得られる症例もあります。

*原発腫瘍が治療抵抗性の場合予後は半年以内が多い

#脳腫瘍で在宅医が注意すること #在宅医療医に必要ながん治療に関する知識

#逗子、葉山、横須賀市、鎌倉市、横浜市の在宅医療

Comments


bottom of page