top of page

がん緩和ケア+在宅医療医に必要ながん治療に関する知識を科学する 96

泌尿器がんにおいて在宅医療医が注意することは、下記に挙げられます

腎がん

ü画像で偶然発見される

ü切除後は健常人と同じ

ü分子標的薬と免疫療法の副作用に注意

尿路上皮がん

ü再発が多い

ü進行がんは胃がんなどの経過と 同様に予後不良 生存期間中央値1年

前立腺がん

üPSA検診は個別化、 余命10年以下は効果不明

ü高齢者の腰痛は前立腺がんを考慮する

ü化学療法を受けている高齢者は 感染症に注意

精巣がん

ü化学療法の長期管理では心血管系に注意

üシスプラチンの大量使用による 晩期毒性に注意 ※末梢神経障害、聴覚障害、 動脈硬化促進、腎障害

üエトポシドによる二次がんなどに注意


#泌尿器がんで在宅医が注意すること #在宅医療医に必要ながん治療に関する知識

#逗子、葉山、横須賀市、鎌倉市、横浜市の在宅医療

留言


bottom of page