top of page

がん緩和ケア+在宅医療医に必要ながん治療に関する知識を科学する 87


卵巣がんの治療は、ごく早期を除き、術後抗がん剤治療が必要です。

具体的には、カルボプラチン+パクリタキセルを投与します。

・化学療法感受性であり

・進行がん患者の生存期間中央値は約2年です

・腫瘍マーカーはCA125が有効です

#逗子、葉山、横須賀市、鎌倉市、横浜市の在宅医療

Comments


bottom of page