top of page

がん緩和ケア+在宅医療医に必要ながん治療に関する知識を科学する 86


卵巣がん・原発性腹膜がんについて詳述します。

まず特徴として、婦人科がんで死亡する患者数が最多であり、50-60歳代に多い

ハイリスクは

卵巣がんや乳がんの既往歴です

早期発見が難しく

診断時 多くの場合がステージⅢ~Ⅳ

(腹膜播種、後腹膜リンパ節転移、遠隔転移)

有効なスクリーニングはないですが

遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC)だけに

濃厚なスクリーニングや予防的切除が

推奨・検討されます

#逗子、葉山、横須賀市、鎌倉市、横浜市の在宅医療

bottom of page