top of page

がん緩和ケア+在宅医療医に必要ながん治療に関する知識を科学する 83


がんにおいて唯一存在する子宮頸がんワクチン=

HPV(ヒト乳頭腫ウィルス)ワクチンについて詳述します

・高リスクウィルスの感染を予防できる(16,18>31,33,35,45,52,58)

*米国では9価ワクチンも使用可能

・子宮頸がんはワクチンは予防可能な唯一のがん

・ウィルス感染前(性交開始前11-12歳)に施行

*米国では男児も接種推奨性交開始後でもウィルスに罹患していなければ効果がある

・既にウィルス感染している患者

*別のハイリスクウィルスの重複感染を防止できる可能性発がん抑制効果があるかエビデンスはない

・我が国では定期接種に入っているが普及が不十分*ワクチン接種後の疼痛症状のため

がんにおいて唯一存在する子宮頸がんワクチン=

HPV(ヒト乳頭腫ウィルス)ワクチンについて詳述します

・高リスクウィルスの感染を予防できる(16,18>31,33,35,45,52,58)

*米国では9価ワクチンも使用可能

・子宮頸がんはワクチンは予防可能な唯一のがん

・ウィルス感染前(性交開始前11-12歳)に施行

*米国では男児も接種推奨性交開始後でもウィルスに罹患していなければ効果がある

・既にウィルス感染している患者

*別のハイリスクウィルスの重複感染を防止できる可能性発がん抑制効果があるかエビデンスはない

・我が国では定期接種に入っているが普及が不十分*ワクチン接種後の疼痛症状のため


Comentários


bottom of page