top of page

がん緩和ケア+在宅医療医に必要ながん治療に関する知識を科学する 82


少し戻りまして胆道がん、膵がん患者に一般在宅医が遭遇するケース

胆・膵がんは予後不良で、長期に元気な症例は少ない

●胆道の問題:胆管炎、狭窄や閉塞による黄疸

再発や進行に伴う症状

●肝転移やリンパ節転移による閉塞性黄疸

●がんの進行による食思不振・体重減少・倦怠感・疼痛など

●がん性腹膜炎・腹水

肺転移による呼吸不全

閉塞性黄疸の積極的治療

●消化器内科医の介入が必要

●ステントなど

#逗子、葉山、横須賀市、鎌倉市、横浜市の在宅医療

bottom of page