top of page

がん緩和ケア+在宅医療医に必要ながん治療に関する知識を科学する 70

食道がんについて、さらに各論です。

・内視鏡などの検診で早期に発見できる

免疫チェックポイント阻害薬が有効です

症状がある患者は進行がんで予後不良*T3(外膜浸潤)以上

ステージにより5年生存率は下記の様になります


#逗子、葉山、横須賀市、鎌倉市、横浜市の在宅医療




Kommentare


bottom of page