top of page

がん緩和ケア+在宅医療医に必要ながん治療に関する知識を科学する 64





緊急検査と治療を要する薬剤障害について述べていきたいと思います。

インフュージョンリアクション・アナフィラキシーについては、即座に症状発現するとされていますが、自身は1週間程度経過してからの症状発現も経験しています。

また

間質性肺炎はあらゆる治療で起こると考えなければならず、初期症状としての

風邪症状で始まる(咳・微熱)を見逃さないことが重要です。

それ以外にも多岐にわたりますが、列挙させて頂きます。

#がん緩和ケア副作用と合併症 #がん緩和ケアの緊急検査と治療を要する薬剤障害

#逗子、葉山、横須賀市、鎌倉市、横浜市の在宅医療

Comments


bottom of page