top of page

がん緩和ケア+在宅医療医に必要ながん治療に関する知識を科学する 50


乳がんの治療の副作用に関してホルモン療法においては

タモキシフェン SERMs(selective estrogen receptor modulator): 抗エストゲン薬 エストロゲンに競合拮抗するので、更年期症状、血栓症、子宮体がんリスクがあります。

アロマターゼ阻害薬(AI剤)、LHRHアナログ(リュープリン、ゴセレリン)

エストロゲン産生を抑制することにより更年期症状、骨粗鬆症、関節痛(AI剤のみ)を引き起こします。

放射線治療においては放射線性肺臓炎、皮膚・軟部組織の萎縮・繊維化のリスクがあります。

Commentaires


bottom of page