top of page

がん緩和ケア+在宅医療医に必要ながん治療に関する知識を科学する 46

治療の標的になる遺伝子異常として肺の非小細胞がんと例に考えると

Driver mutaion(ドライバー遺伝子変異):癌化と癌の増殖に重要な特定の遺伝子変異

においては分子標的薬が有効です。

具体的には遺伝子産物の働きを抑制し腫瘍の増殖を抑える高い効果を示し、転移・進行がんでも数年以上の予後が期待できます。

具体的には下記の薬剤が有効です。

EGFR阻害薬

ALK阻害薬

BRAF阻害薬

ROS1阻害薬

EGFR遺伝子変異陽性肺がんに対するゲフィチニブの有効性の例を示します

下記グラフは、分子標的治療薬は良く効く、そして長く効くという特徴示しています。




Komentar


bottom of page