top of page

がん緩和ケア+在宅医療医に必要ながん治療に関する知識を科学する 36



がん患者さんにおいて、時に低ナトリウム血症起こしてくる場合があります。

自身の経験では肺がんと脳腫瘍の患者さんですが、挙げると

肺、十二指腸、膵臓、頭頚部、胸腺腫、尿路上皮、前立腺、子宮、リンパ腫など多数が原因疾患となりえます。

それ以外にも

脳関連疾患として

脳腫瘍、髄膜炎、脳炎、脳血管障害、頭部外傷、精神疾患、多発性硬化症

肺病変として

肺炎、ARDS,その他の呼吸不全、結核、空洞形成病変、肺膿瘍、気胸、喘息、陽圧呼吸

薬剤性として

麻薬、NSAIDs、抗うつ薬、向精神薬、抗がん剤(ビンカアルカロイド、シクロホスファミド、シスプラチン、)

などが挙げられます。

がんによるSIADH

#逗子、葉山、横須賀市、鎌倉市、横浜市の在宅医療

Comentarios


bottom of page