top of page

がん緩和ケア+在宅医療医に必要ながん治療に関する知識を科学する 35


高カルシウム血症の治療は、脱水の改善が重要です。

高カルシウム血症は脱水を誘発して、脱水によって増悪する生理食塩水にて血管内脱水を改善します。

具体的には1日3L程度の尿量確保が必要であり、当日の輸液は大量(24時間で3~4リットル)とします。

ビスホスホネートは、治療薬として使われますが腎機能を悪化させる危険があります。

なので、血管内脱水を補正した後に投与必要であり、腎機能の評価によって容量調整します。

腎不全症例にはデノスマブを使用も検討しますが、

保険適用なし、エビデンス希薄であり、広範な骨転移症例では重度の低カルシウム血症リスクがあります。

がんによる高カルシウム血症

#逗子、葉山、横須賀市、鎌倉市、横浜市の在宅医療

Comments


bottom of page