top of page

がん緩和ケア+在宅医療医に必要ながん治療に関する知識を科学する 34

がん患者さんにおける、高カルシウム血症の症状は

便秘、嘔気・嘔吐、倦怠感、食欲低下であり、こうした分かり易い病態でなく

いらいら、意識障害、筋力低下などの症状が出現する場合もあります。

診断は、簡易補正値=実測値4-アルブミン値にて行い

➤14以上または症状あり:緊急治療

➤13以下で無症状:原則入院精査・治療

となります。

注意すべきことは、原因が除去されないと次第に悪化することです。

癌以外にも脱水、サイアザイド利尿薬、リチウム製剤、副甲状腺機能亢進症

ビタミンD過剰、副腎不全、甲状腺機能亢進などを検討する必要があります。

がんによる高カルシウム血症

#逗子、葉山、横須賀市、鎌倉市、横浜市の在宅医療


コメント


bottom of page