top of page

がん緩和ケア+在宅医療医に必要ながん治療に関する知識を科学する 31

がん緊急症として

免疫チェックポイント阻害薬による自己免疫疾患の想起はとても重要です。

骨転移などでデノスマブ>ゾレドロン酸なども使用されている場合は、カルシウム値の評価にて低カルシウム血症に注意する必要があります。

ビンカアルカロイド、シスプラチン、シクロホスファミド

SIADHを生じる可能性あり低ナトリウム血症に注意が必要です。

またアンスラサイクリン、抗HER2薬、VEGF阻害薬、bcr-abl阻害薬による心不全もケアがひつようです。

#がん緊急症

#逗子、葉山、横須賀市、鎌倉市、横浜市の在宅医療

Comments


bottom of page