top of page

がん緩和ケア+在宅医療医に必要ながん治療に関する知識を科学する 2

オピオイドと比較して鎮痛効果の弱いNSAIDs/アセトアミノフェンは、どの様な位置づけになるでしょうか。

がん疼痛のある患者に対してNSAIDs/アセトアミノフェンは推奨されるか?という問いに対して。

ガイドラインにおいては、痛みに対し、初めて投与する鎮痛薬として強い推奨とされています。特に

*高齢者や腎障害・消化管出血の既往がある場合は

 原則アセトアミノフェンを選択する

*NSAIDsとアセトアミノフェンは『相乗効果』があると

 され、併用可能!

NSAIDs×アセトアミノフェンという選択は、時に有用であり緩和ケアにおいては覚えておくべき治療選択です。またオピオイドが投与されている場合においても

*オピオイドが投与されているにも関わらず、鎮痛効果が得られていないときに弱い推奨とされています。

特に*骨転移などにはオピオイドより有効なことも多い! (原則、オピオイドと併用)は緩和ケアにおいて重要な点です。

#さくら在宅クリニック

#がん緩和ケア

#在宅医療医に必要ながん治療に関する知識

#逗子、葉山、横須賀市、鎌倉市、横浜市の在宅医療


bottom of page