top of page

がん緩和ケア+在宅医療医に必要ながん治療に関する知識を科学する15

がん治療においてガイドラインなどに準じた標準治療という選択肢があります。

ただし在宅医療の対象となる高齢者・併存疾患のある癌患者において強力な治療ができない場合があります。

こうした場合体力や併存疾患によって個別に治療を選択する必要があります。こうした治療選択において、何を行うとかということにおいて手術や化学療法を行うことで“何パーセントの患者に重篤な合併症が生じるか”のリスク計算が可能です。

これにより何パーセントのリスクで重篤な合併症が生じるかを説明することが可能です。

  • 手術リスク ACS/NSQIP@Surgical Risk Calculator

  • 化学療法リスク CARG



#さくら在宅クリニック

#がんの手術リスク評価 ACS/NSQIP@Surgical Risk Calculator

#がんの化学療法リスク評価 CARG

#在宅医療医に必要ながん治療に関する知識

#逗子、葉山、横須賀市、鎌倉市、横浜市の在宅医療

Comments


bottom of page