top of page

がん緩和ケア医療を科学する41


がんの悪液質に対する対処法としての王道、ステロイドの使用方法は

下記評価が重要です

1.倦怠感の原因が一次的的倦怠感であることをアセスメントする

2.ステロイドの効果的な投与時期かどうかをアセスメントする

3.コルチコステロイドを基本的に使う

使用に関しては、下記の検討が必要です

  • 余命3カ月以上の時期には、ステロイドでなくエドルミズが奏功

  • 余命2-3カ月の時期にはステロイドが有効

  • 余命1カ月未満の時期にはステロイドを減量・中止

You Tubeにて在宅診療の知識を学んでみませんか?☟より

 

倦怠感#ステロイド

#在宅医療医に必要な緩和ケア治療に関する知識

#逗子、葉山、横須賀市、鎌倉市、横浜市の在宅医療

#在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku

#在宅医療医に必要な緩和ケア治療に関する知識

Commentaires


bottom of page