top of page

がん緩和ケア医療を科学する36

便秘治療薬機序によりざっくり下記のように分類されます

酸化マグネシウム:便の中の水分を増量させる

センナ:腸の動きを促進させる

モビコール:腸液の分泌を促す薬

スインプロイク※医療用麻薬の便秘に特化した便秘薬

スインプロイクはオピオイドだけでなくトラムセットなどの便秘にも効きます

オピオイドで何故便秘?

脳・脊髄にオピオイド受容体存在するが、腸管にも存在する

→神経細胞の働き抑制にて鎮痛・鎮静=腸管機能抑制にて便秘

※スインプロイクはBBB通過せず腸管のみに作用

スインプロイクは弱オピオイドに分類される、リン酸コデイン、ペンタジン、トラマールなどに効果を示す

便秘は食欲低下、嘔気・嘔吐、不穏などの原因となりがん患者さんだけでなく高齢者共通の問題

You Tubeにて在宅診療の知識を学んでみませんか?☟より

 

ガンによる便秘

#在宅医療医に必要な緩和ケア治療に関する知識

#逗子、葉山、横須賀市、鎌倉市、横浜市の在宅医療

#在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku

#在宅医療医に必要な緩和ケア治療に関する知識

Kommentare


bottom of page