top of page

がん緩和ケア医療を科学する34

横隔膜下の担癌患者さんにおいてのつらい症状の一つにて浮腫があります。

原因に関しては

リンパ浮腫、静脈うっ血性浮腫、深部静脈血栓症

が挙げられます。

具体的には、浮腫とは血液、リンパ液の水分が漏出したものです。

ガンによる浮腫の特徴は進行が早いことです。

  • リンパ浮腫 がんなどの物理的圧排などによりリンパの流れが滞り生じる浮腫 →リンパ浮腫が悪化すると感染などの原因となり対応に難渋する場合が多いです。

  • 静脈うっ血性浮腫 →子宮体がん、卵巣がんなどの骨盤内のがんに多いことが挙げられます。

  • 深部静脈血栓症 →すい臓がん、卵巣がんに起こりやすいものであり、マッサージは禁忌です。

You Tubeにて在宅診療の知識を学んでみませんか?☟より


ガンによる浮腫

#在宅医療医に必要な緩和ケア治療に関する知識

#逗子、葉山、横須賀市、鎌倉市、横浜市の在宅医療

#在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku

#在宅医療医に必要な緩和ケア治療に関する知識


Comments


bottom of page