top of page

がん緩和ケア医療を科学する30


患者さんの御家族から「先生、あとどれくらですか?」という問い度々頂きます。

正確な予測は困難ですが、月単位、週単位、日単位などの返答をする場合が多いです。

終末期の余命について、少しだけ科学的予測も可能です。

生命予後の予測は、患者の意向を反映した治療を選択するうえで重要です。代表的な予後予測指標の使い方を解説します。

その一つが、PaPスコア(Palliative Prognosis Score)であり

中期的な予後(月単位)を予測する代表的な指標

臨床的な予後の予測が主に得点を決める要素

これに加えて、Karnofsky Performance Scale

食欲不振、呼吸困難感、白血球数、リンパ球の割合

合計得点を算出します。

 

You Tubeにて在宅診療の知識を学んでみませんか?☟より

#終末期の予後予測

#在宅医療医に必要な緩和ケア治療に関する知識

#逗子、葉山、横須賀市、鎌倉市、横浜市の在宅医療

#在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku

#在宅医療医に必要な緩和ケア治療に関する知識


댓글


bottom of page