top of page

がん緩和ケア医療を科学する12


*チトクロームP450による分解であり、CYPによる薬物相互作用がない

  肝臓でグルクロン酸抱合される

*ヒドロモルフォンの代謝物に活性がないため体内に蓄積されない

*患者さんが飲みやすい(間違えにくい)

*呼吸障害にも効果あり(私見)

You Tubeにて在宅診療の知識を学んでみませんか?☟より

#癌疼痛患者へのオピオイド使用

#在宅医療医に必要な緩和ケア治療に関する知識

#逗子、葉山、横須賀市、鎌倉市、横浜市の在宅医療

#在宅医療 | さくら在宅クリニック | 逗子市 (shounan-zaitaku

#在宅医療医に必要な緩和ケア治療に関する知識

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page